「フェレロ社」お菓子職人ピエトロ・フェレロが築いた歴史ある食品会社

フェレロ社とは?

始まりはスプレッドから。創業者はお菓子職人のピエトロ・フェレロ 

1946年、菓子職人であったピエトロ・フェレロによって設立された「フェレロ社(Ferrero)」。当初は「Pasta Gianduja」という商品名の、パンに塗るクリームを主に製造・販売する会社でした。拠点となったのは、世界遺産にも登録されている美しいブドウ畑で有名な、イタリア北部にあるピエモンテ州アルバです。現在では、ルクセンブルグに構えるフェレロ・インターナショナルの子会社となっています。



 1964年、フェレロ社はチョコレートをベースとしたスプレッドヌテラ (Nutella)」を発売。この商品は世界中で有名となり、現在では様々な派生品も登場するようになりました。その後もフェレロ社は、「キンダー チョコレート(Kinder Chocolate)」で有名なキンダーシリーズに加え、様々なチョコレート菓子や清涼飲料、冷凍食品など多くの食品を世に送り出し、イタリアを代表する大手食品会社にへと成長してきました。




ホステス社の販売商品





スポンサーリンク

記事カテゴリ一覧

お菓子記事一覧へ
ペット記事(小動物)一覧へ
ペット記事(クラゲ)一覧へ
ペット記事(海水魚)一覧へ
ペット記事(熱帯魚)一覧へ
アクアグッズ記事一覧へ
植物記事一覧へ