「デイリーミルクチョコレート」イギリス王室御用達のキャドバリーがおくる、生乳を使った絶品チョコ

 大自然で育った乳牛から搾られた新鮮なミルクをふんだんに使用した、とてもなめらかでクリーミーなチョコレート、「キャドバリー デイリーミルクチョコレート(Cadbury Dairy Milk)」。かの有名なイギリス王室の御用達ともなっている、由緒正しいお菓子です。シンプルながらも味がしっかりとしており、ふと思い出してはまた食べたくなる…そんな不思議な魅力を持っています。今回はそんな「デイリーミルクチョコレート」の歴史ラインナップ個人的味レビュー通販での販売値段関連グッズ等について記述していきます。その他、同「キャドバリー社」の販売商品についても触れていきますのでお見逃しなく!





「デイリーミルクチョコレート」って何?

イギリス王室御用達!?当時としては珍しい生乳を使用したチョコレート

 「デイリーミルクチョコレート」とは、イギリスの老舗菓子メーカー「キャドバリー(Cadbury)社」が製造している、キャドバリーの代表商品とも言えるチョコレートです。しかし、開業当初売り出していたミルクチョコレートというのは我々の知るような固形のものでなく、飲料用の液体ミルクチョコレート(チョコレートドリンク)でした。その後1905年、キャドバリーは固形のミルクチョコレート「デイリーミルクチョコレート」の製造・販売を始めます。ちなみにこのチョコレートは現在の、いわゆる「板チョコ」の基盤となったそうです。板チョコのご先祖様だったんですね。


当時、ミルクチョコレートの「ミルク」には粉乳を使用するのが一般的となっていましたが、キャドバリーは考えました…「生乳」を使ってみようと!これこそがデイリーミルクチョコレートの始まりとなったそうです。濃厚なミルクをふんだんに使用したこのクリーミーなチョコレートは発祥地であるイギリスのみならず、世界中の人々にも愛されるようになりました。ちなみにこのキャドバリー社は1854年に、信頼のおけるお菓子メーカーとして当時のイギリス国王であるエリザベス女王から、「イギリス王室御用達企業」の名誉を授かっています。1868年にキャドバリーはギフト用のチョコレートボックスも発売。これが後の「バレンタイン」になったとか…!?




「デイリーミルクチョコレート」の個人的味レビュー

シンプルで優しい味わい。ふと思い出しては食べたくなる不思議な魅力

 紫色のパッケージがとてもおしゃれはデイリーミルクチョコレート。発祥地はイギリスですが、ここ日本においても大型ショップなどでたまに見かけることができますね。今回はノーマルな「デイリーミルクチョコレート」と「デイリーミルクチョコレート フルーツ&ナッツ」の2種類をご用意しました。海外においては他のフレーバーも多く存在しているようですね。羨ましい。

ノーマルタイプとフルーツ&ナッツ

 まず始めはノーマルのデイリーミルクチョコレートから。見た目は…いたってシンプル。ザ・チョコレート・バーといった感じです(?)持ってみた感じはずっしりとしています。海外のチョコレートには極甘なものも多いため、この量は少し不安になります。早速一口…おぉ!なんとも優しい味わい。甘過ぎるということもなく、クリーミーで風味豊かなチョコレートですね。見た目はかなりシンプルですが、味はけっこう濃厚。チョコレート自体の味が際立っています。これはかなりの逸品…英国の貴族様方が愛するわけですわ。

中までぎっしりシンプルなチョコレート

続いてはデイリーミルクチョコレートのフルーツ&ナッツを実食。見た感じはノーマルと変わらない…?いや、なんか見えている。これはナッツですね。早速一口…。
おお、ナッツはそこまで主張しすぎず、時折カリカリとする食感がなんとも良い感じ。チョコレート自体の味は特に変わりはありませんね。しかし、これで「ナッツ」はわかりますが、どこらへんが「フルーツ」???と思っていたら出てきました。クニクニとした歯ごたえのやつが。そう、レーズンですね!
レーズンは若干苦手でしたが、このチョコレートに入っているものはそこまでレーズン特有の癖もなく、非常に食べやすかったです。そして何よりやっぱりチョコ自体が美味しい

カリカリナッツとクニクニレーズン

どちらも美味しいし甲乙付け難いですが…やっぱり個人的にはノーマルタイプが好きですね!何も入っていないと言われればそうなのですが、シンプルイズベスト!やっぱり定番が一番。




ラインナップと通販での販売値段について

様々なラインナップは存在するも、日本国内ではあまりお目にかかれず

 とっても濃厚で芳醇なミルク風味のデイリーミルクチョコレート。海外においては様々なフレーバーのものが販売されているようです。キャラメルやポップキャンディー、ヘーゼルナッツ、オレンジ、ペパーミント等々…どれも魅力的ですが、個人的にはやはり中に何も入っていないシンプルな定番タイプがおすすですね。といっても日本国内では、通常のオリジナルタイプかフルーツ&ナッツタイプの2種類ぐらいしかお目にかかれません。通販にて取り扱っている店舗もあるようなので、気になる方は是非チェックを!
また、同社からは他にも様々なお菓子が発売されています。詳しくは記事下の「キャドバリー社販売商品」をご覧下さい。
 とっても濃厚で芳醇なミルク風味のデイリーミルクチョコレート。 海外においては様々なフレーバーのものが販売されているようです。 キャラメルやポップキャンディー、ヘーゼルナッツ、オレンジ、ペパーミント等々 …どれも魅力的ですが、 個人的にはやはり中に何も入っていないシンプルな定番タ...
sweets-of-the-world.blogspot.com





「キャドバリー社」販売商品



スポンサーリンク

記事カテゴリ一覧

お菓子記事一覧へ
ペット記事(小動物)一覧へ
ペット記事(クラゲ)一覧へ
ペット記事(海水魚)一覧へ
ペット記事(熱帯魚)一覧へ
アクアグッズ記事一覧へ
植物記事一覧へ


0 件のコメント :

コメントを投稿